太陽光発電に投資をするなら今

売電時の固定買取価格に注目

太陽光発電に投資する際には、住宅用太陽光発電と産業用太陽光発電の2種類があります。10kW未満であれば住宅用太陽光発電ですから、これから設置しても元が取りやすい部分となります。産業用太陽光発電では、比較的広大な敷地と長期の計画性が必要となるので、設備投資額を多くしなければ収益性を高めることは難しいでしょう。
住宅用太陽光発電では、売電時の固定買取価格は売電契約を行った時から10年間は固定となっています。毎年電力の固定買取は下落を続けているので、早く太陽光発電を始めた方が同じ発電量であれば買取額が多くなるわけです。国の補助金が無くなった後も、地方自治体が出している補助金の額は大きいので、全ての補助金が無くなる前に太陽光発電を始めることが有利となります。

設置コストが下がっているからこそ設置したい

太陽光発電設備は、設置コストが急激に下がっており、太陽光発電パネルの販売数増加に伴い改良が重ねられています。数年で設置コストが2割程度下がっていることから、売電価格は多少安くなっても初期投資を低く抑えられるので、太陽光発電は設備投資額に見合った利益が出やすくなっています。
10年程度で元が取れるように設計されている太陽光発電設備ですが、パワーコンディショナーの寿命は6年から8年程度というタイプが多いので、20年運用時には数回の交換が必要となるでしょう。太陽光発電所が増えたことから、太陽光発電設備に関するデータの蓄積が進んでいるので、これから太陽光発電設備を導入する際には、参照可能なデータが増えているので選びやすくなっています。

© Copyright Backup Power Systems. All Rights Reserved.